新着ニュース

栃木県成年男子の歴史を掲載

栃木県成年男子の歴史を掲載しました!

栃木県におけるホッケー競技は、昭和47年に栃木国体のホッケー競技が旧今市市に決定した事に始まり、成年男子チームの活動が始まりました。

昭和52年には「今市クラブ」、翌53年には「今市市役所」として各大会に参加し好成績を収め、55年に地元で開催された栃の葉国体では第4位となりました。

その後は、強化や普及を目的に分離や再編が行われ、「栃木クラブ」を発足し強化を続け全日本選手権への出場も果たしました。さらなる強化を図るため、このチームを母体とし「LIEBE栃木」を結成し現在に至っています。

現在、栃木県成年男子チームは、平成29年愛媛国体にて悲願の初優勝をし、男子日本リーグでは1部昇格を決めるなど強化が実を結び始めています。

栃木県ホッケー協会「成年男子の軌跡」の詳細はこちら

関連記事

ページ上部へ戻る